英単語 勉強方法 (劇的に覚えられる)

英単語が劇的に覚えられる方法!

 

これまでの多い覚え方

OPEN:開く(自動詞)、開ける(他動詞)、開いている(形容詞)

みたいな動詞、形容詞・・・

 こんな覚え方は大変(><)

 

これが気づければ、劇的に単語が覚えられるようになります。

 

英語はポジションによって意味が変わる

よって、単語のだいたいの意味を覚えてポジションで意味を作れば良い。

ポジションというのがわかりにくいと思うので、下に例文を載せておきます。 

例1)Water 【水】

① I drink water. (水を飲む。)

 Waterが 水という意味。動詞の後であり、名詞とわかる。これは有名な名詞ですね。では次は、

② I water 〇〇. (○○に水をやる。)

 これはあまり見ない使い方だが、動詞の位置(ポジション)にある。なんとなく「水してやる」、「水やり」なんだなと想像する。

 

例2)Open 【開】

① The store opens at 7 am. (そのお店は7時に開く)

 後ろに開けるものは無いので、 開くという自動詞。自分が開く。

② I opened the door. (そのドアを開ける。)

 openが動詞の位置にあり、後ろに名詞が来ており他動詞。ドアを開けるとなる。

③ The store is open. (ドアは開いている。)

 形容詞の位置に来ている。【開】の形容詞で【開いている】となる。

 

単語の全てを一つ一つ覚えると大変です。

このようにだいたいの意味を覚え、特殊な使い方に出会えば、さらに追加して覚えていくのが一番です。

時間は限られていますので、一番効率よく勉強しましょう。

未分類
スポンサーリンク
せっちゃんをフォローする
サジマニ【より良い生活のために】

コメント

タイトルとURLをコピーしました